インテリア​が光るシーン

パートナーシップが成功への鍵

Image by Kenny Krosky

デザインの視覚化

【頭の中の間をもやもやを整理し、アイデアを形に】

あなた自身の思いが大切

お客様が叶えたいデザインメッセージをお聞かせ下さい。

そこから、私共がアイデアを展開し、ゴールの状態までのロードマップを作製します。

​それは、ブレインストーミング、スケッチ、レイアウト、デザイン制作。プロトタイプ制作により、お客様のイメージに近いものやそれを少し超えた冒険心のあるデザインも可能です。

デザインカウンセリング

【プロと話すから安心】

課題や悩みを共有できる

専門知識がないことで、デザイナーに任せきりにしたり、本当は違うようにしたいのに言えなかったりと遠慮をしていませんか?

空間をいかに美しく、うまく表現するかは、習慣化することで、できるようになります。収納、照明、家具などどれでも興味のあるものから話してみましょう。

Business Consultant

あなたの会社のために何ができるのか、今すぐご相談ください。

 

​これからのインテリアとは

投資額が大小にかかわらず、ゆっくり相談できるパートナーが成功の鍵

Image by Brigitte Tohm

インテリアスケープ
「全体として価値のある環境をつくる」

お客様のビジネスの成長のために

インテリアの収納、家具これらの環境や見え方、使い勝手などを総合的に判断いたします。図面もお渡しいただきこれまでの問題点や現状を分析させていただき、これからの空間設計に活かしていきます。もししたら今すぐに大きくデザインしなくても?あるいはもっと違った味方ができるかもしれません。

インテリアデザインは人間と共に
「生きている」、「日々進化している」

プロの戦略づくりとガイダンス

インテリアデザインは1970年代以降、日本に入ってきた考え方ですが、今日ではインテリアでデザインするところはどんどん増えています。
家具、照明、素材選び、衛生、採光、安全性など。
私たちはそれらの関係性をお客様に説明し、よりわかりやすく「設計の可能性」をアドバイスいたします。オフィスの考え方、机や椅子の並びなど、新しい考えやルールに沿って変化していく必要があります。
「インテリア」という言葉だけでは
コミュニケーションを行うのは非常に難しい時代です。
特定の、人間の動き、機能、衛生状態やセキュリティなどの要件について新製品などの採用、環境への負荷もお客様に代わり、より厳しい目で判断いたします。

ぶら下がっている本

あなたのインテリアのために何ができるのか、24時間受け付けております。今すぐご相談ください。

 

nae-ark* 

Designing for now and future